So-net無料ブログ作成

大内義昭の入院先の病院が判明!?妻・子供はいるのか? [★芸能]



「愛が生まれた日」で大ヒットを生み出した

音楽プロデューサーの大内義昭さん。

ohuchi.png
※http ://www.imhere.
co.jp/kac/より引用。




55歳という若さで、入院先の病院で

この世を去りました。

死因は、食道がんだったといいます。



大内義昭さんには、家族や子供はいるのか?

入院先の病院について調べてみました。



↓後半へ続く。





【スポンサーサイト】











↓記事後半はコチラ。







「愛が生まれた日」


デュエット曲としてたくさんの方に歌われ

親しまれています♪

【動画】




私の両親も、この曲をよく歌っていたので、

歌詞が物凄くストレートで、心に響きました。




55歳という若さでお亡くなりになられた

大内義昭さん。

葬儀は近親者のみで行われるそうです。

大内義昭さんには、妻や子供はいるのでしょうか?








❀大内義昭の妻と子供


ネット上では家族について情報は少なかったのですが・・・

ある結婚式で大内義昭さんと妻、子供の3人で

写っていた写真が残っていたようです。

img_5.jpg
※http ://blogs.yahoo.
co.jp/manamama0623/
24870794.htm...より引用



だいたい2010年頃だと思われます。

子供もまだ小さく、2人ほどいたのではないかと

言われています。




大内義昭さんが55歳と若いので、子供も

中学生、高校生ぐらいでしょうか。




偉大なる音楽プロデューサーの子供として誕生し、

父の背中を見てきた子供たちです。

今後が楽しみですね。





❀大内義昭の入院先の病院はドコ?


入院先の病院でお亡くなりになられた

大内義昭さん。

長期入院、入退院を繰り返していたようです。




やはり体調はすぐれず、容態が悪化。

本人も死を覚悟していたようです。




現在、福岡で音楽活動を続けてこられたという

事でしたので、入院先の病院も福岡県

にあるのではと囁かれていました。




色々調べてみると、この病院ではないのか

という情報が出てきました。




福岡県北九州市小倉北区にある

北九州市立医療センター。




この病院は、福岡県知事から推薦を受け、

厚生労働大臣から地域がん診療拠点病院として

指定されているようです。





5大がんと呼ばれている「肺がん」「胃がん」

「肝臓がん」「大腸がん」「乳がん」など、がん医療

を提供するために指定された病院です。




そして、がん治療の最新医療技術を行っている

病院としても有名らしいです。




その事から、大内義昭さんはこの病院に入院。

闘病生活を送っていたとされています。




数々のヒット曲を生み出してくれた大内義昭さん。

ご家族様、ご冥福をお祈り申し上げます。








スポンサーリンク






タグ:大内義昭
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。